注意点も知っておこう

会社勤務のエンジニアが副業を行う時は、副業が認められている会社なのか判断しなくてはいけません。もしも認められていない会社で副業を実施してしまうと契約違反になってしまい、様々な処罰を受けることになります。最悪の状況として、会社を解雇される可能性もあるため、副業を行える会社なのか見極めてから実施することが大切です。
認められている会社の場合、契約違反にならないので思う存分挑戦して問題はないです。
副業で多くの利益を出した時は、プライベートを充実させられるので更に高い意欲で仕事を行えるようになります。すでに多くのエンジニアは、副業に挑戦しており、様々な仕事に携わっています。本業と同じエンジニアもちろん、他の職種を選択している人もいるようです。副業にできる職種はどのようなものがあるのか【話題の副業!おすすめの職種を紹介】で確認してみましょう。

もう1つ注意しないといけないのが本業に悪い影響を与えないように注意することが必要です。本業の仕事に悪い影響を及ぼしてしまった場合、会社勤務のエンジニアは戦力として活躍するのが難しくなります。会社から評価が下がることで昇進や昇給が難しくなったり、会社の人間関係にも良くないです。あくまで本業に差し支えないほどで実施していき、どちらも両立させていくのがポイントになります。
本業の仕事が忙しい場合は、無理せず挑戦しないのも選択肢の1つです。ただ本業に余裕があり、更なる高みを目指したいエンジニアは挑戦しても大丈夫でしょう。会社との都合や本業のバランスによって、現状副業を行えるのか異なってくるため、今後を見据えた上で冷静に判断しなくてはいけません。